シミウスは本当に安全?副作用のリスクは?

敏感肌や乾燥肌など、特に肌がデリケートな方は化粧品の成分や安全性も重要ですよね。美白化粧品による副作用などが問題になっている今、気になる方も多いのではないでしょうか。

 

シミウスには、副作用を起こす危険な成分は使われていないのでしょうか?

 

 

→シミウスについての情報はこちらをチェック


話題になった白斑とは?原因は何?

近年、美白化粧品による副作用が話題になりました。特に白斑ができてしまったというニュースは覚えている方も多いのではないでしょうか。

 

白斑とは、肌の一部がまだらに白く抜けてしまう症状のことです。しかし、なぜ美白化粧品を使うとこういった副作用が起こるのでしょうか。多くの美白化粧品には、シミやくすみなどの原因である、メラニン色素に働きかける成分が含まれています。

 

メラニン色素の生成を抑えたり、メラニン色素を分解したり、さまざまな作用があります。しかし、このような成分が強く働くと、メラニン色素だけでなく、もともと肌が持っている色素まで破壊してしまいます。すると、皮膚の色が白く抜けてしまうんです。

 

白斑は薬や光線治療によりある程度改善が見込めます。しかし、完治までどれくらいの期間が必要かは、個人差も大きいんです。場合によっては完治まで半年以上かかることもあります。

 

しかも、原因となる化粧品を使っても使い始めの頃は何の問題もなく、異常に気付かない場合も多いんです。そのため、肌がダメージを受けていることに気付かず使い続けてしまうおそれがあります。

シミウスは危険?

白斑などの副作用は、全ての化粧品に起こるわけではありません。ニュースになるような重大な副作用は、販売実績の少ない新製品や、日本では認可されていない成分を含む海外の化粧品によく起こります。

 

たとえば、副作用のリスクが高い成分としてハイドロキノンが有名です。ハイドロキノンはメラニンの生成を抑制するだけでなく、メラニン色素を作る細胞そのものを減少させてしまいます。

 

そのため美白効果には優れていますが、肌荒れや白斑などの副作用を起こすリスクも高い成分なんです。

 

一方、シミウスを使って、副作用が起きたという事例は報告されていません。シミウスには、肌への負担が大きい成分や刺激の強い化学成分は使われていません。

 

動物や植物など、自然の素材から抽出した天然成分を中心に配合しています。敏感肌やアトピー肌の方や、妊婦さんでも問題なく使えるくらい、肌にやさしいんです。

 

 

→シミウスの成分をもっと詳しく見る


シミウスに医療業界も注目!?

シミウスは2014年に「医学と薬学」という薬物療法の専門誌で取り上げられています。シミウスの効果や安全性は、医療業界でも注目されているんです。

 

また、シミウスは一般化粧品ではなく医薬部外品に認定されています。医薬部外品とは、一定の効果が認められる成分を含み、医薬品よりも穏やかに作用する製品を指します。もちろん効果や安全性も、一定の基準をクリアしていなければ認可されません。

 

その点、一般化粧品よりも信頼性が高いんです。シミウスには、オーガニックコスメや漢方にも使用される天然成分を中心に、100種類以上もの美白成分が使用されています。

 

美白成分や保湿成分、抗炎症作用のある成分などさまざまな美容効果のある成分が、肌トラブルを防止します。シミウスを使い始めてから肌トラブルが少なくなったと感じている方や、以前よりも肌が丈夫になったと感じている方も多くいます。

 

肌トラブルに悩んでいる方や、肌質を改善したいと思っている方にこそ、おすすめの商品なんです。

 

 

→シミウスについてもっと知りたい!詳しくはこちら

 

 

ホワイトニング リフトケアジェル

 

 

 

 

 

_